真っ赤な空を見ただろうか

高校生であり、初心者ベーシストである人が送る日々の出来事 しかし全然更新されない! コメント大歓迎!気軽にしてください♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感想「ソルファ」

はい、単なる自己満足だと思う感想シリーズ第3弾です。

てか、最近この感想のルールとかはどうでもよくなってきた;

早くワールド ワールド ワールドまで辿り着きたいな・・・・・。





「ソルファ」

アジカンの2ndフルアルバム。
全体として静かめで、夜っぽい曲が多いです。
まあ、前作のロックさ・勢いとは対称の位置にいるような感じのアルバムです。
あと、Max-I-Minが歌詞が暗めだと感じる曲も結構あったりします。


1、振動覚

最初はやっぱりこんな曲から始まります。
かなりかっこいいです。
そして、このアルバムの中でも個人的にかなり好きです。
感じ方は人それぞれですが、音楽について歌われた曲かなと思いますね。


2、リライト

たぶん、このアルバムで一番勢いがある曲です。
むしろ、ここから減速していくような感じなのかな・・・・・。
たぶん、アジカンで一番有名な曲。
自分も実はこれでアジカンを知りました。


3、君の街まで

イントロのアルペジオが印象的だろうなと思うシングル曲です。
と、書こうと思ってたら、既にwikipediaに書かれていたorz
まあ、かなり簡潔に言えば「名曲」ですね^^
そういや、この曲のPVがとてもシュールですw


4、マイワールド

時々激しめのギターが鳴ったりしますが、全体的に落ち着いた曲です。
まあ、このアルバムはこんな感じの曲が多いんですけどね。
また、歌詞には、「淡い夏の宴 マイワールド」と「君と僕の縁廻る」といった言葉遊び的な要素もあったりします。


5、夜の向こう

このアルバムに多い、夜の曲のひとつです。
前半は歌詞が暗めですけれど、間奏以降はちょっと前向きになる感じです。
そういや、アジカンって最後の辺りで盛り上がる曲が多いですよね。


6、ラストシーン

静かで、暗めの曲です。
たぶん、歌詞的には「別れ」を歌っているんじゃないでしょうかね。
ここからRe:Re:までの3曲は線路沿いというのがテーマだそうです。


7、サイレン

シングル曲です。
これも歌詞的には「別れ」的なものを歌っていると思いますね。
まあ、捉え方は人様々ですけどね・・・。
最初の辺りは静かですが、最後の辺りでとても盛り上がってかっこいい曲ですよ。


8、Re:Re:

曲調は明るめだけど、歌詞はまたもや「別れ」っぽい感じで暗めです。
ラストシーン~この曲までは、「線路沿い」がテーマらしいですけど、さらにこの三曲はひとつの物語のように聞こえてきたりします。
それはさておき、個人的にこの曲とても好きです。
また、ライブ版では前奏がかなり長くなっていてオススメしたいですね。


9、24時

案外気づかないものかもしれませんが、アジカンの曲って前奏が結構凝っていて、いきなり歌い始める曲が殆ど無いんですね。
しかし、この曲に関しては、前奏が5秒も満たなくて短いですね。
たぶん、アジカン至上最も前奏が短い曲ですかね。。。
このアルバムに多い「夜」って感じの曲で、ロック色が強い感じの曲・・・・・というべきかな。


10、真夜中と真昼の夢

夜の道を疾走するようなイントロから始まる曲です。
これは、自分の勝手な見解ですが、
真夜中の夢→寝るときに見る「夢」
真昼の夢→希望とかの「夢」
ではないでしょうかね。


11、海岸通り

とにかく、優しい感じで歌詞が綺麗な曲です。
そして歌詞的には「春」で、今の時期にはピッタリですね^^
情景感溢れる歌詞に、心動かされますよ。


12、ループ&ループ

このアルバムでMax-I-Minが一番好きな曲です。
色々と曲があったけど、なんか全てをまとめるような前向きな曲です。
僕が描いたその影に君の未来は霞んでしまった?というところがかなり好きですw
まあ、これが終わりに相応しいんでしょうかね。。。


以上です。

次は「ファンクラブ」か・・・。
スポンサーサイト

| ASIAN KUNG-FU GENERATION | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

感想「君繋ファイブエム」

はい、単なる自己満足の感想の第二段です。

ルールは前回と変わらず、





「君繋ファイブエム」

アジカン初のフルアルバム。
様々な曲が収録されていますが、全体的に勢いがあってかっこいいです。
そして、かなりロックです。
一番好きなアルバムでしたが、「ワールド ワールド ワールド」が凄いや。


1、フラッシュバック

一曲目で既に最高速度出てます。
自分がこのアルバムの中で一番好きな、2分も満たない短い曲です。
もうこれは、凄いとしか言いようのないかっこよさ。
そしてそのままアルバムが始まるのです。


2、未来の破片

そして未来の破片へ、みたいな感じで来ます。
ライブでもフラッシュバック→未来の破片という曲順が多いらしいです。
アジカン1stシングルで、初期の名曲。
この頃のアジカン特有の疾走感とロックさで押してきます。


3、電波塔

これもこの頃のアジカン特有の疾走感・ロックさをもった楽曲。
歌詞的には、携帯電話についてとか歌っている気がします。
ただ多少昔の曲なので、アンテナ伸ばして、とか出てますね(現在の携帯はのとんどは伸ばす必要がありません)


4、アンダースタンド

これも名曲です。
最初はおとなしい印象を受けますが、どんどん盛り上がっていく曲です。
特に最後のサビの盛り上がりはかなり好きです。
そして叫びましょう「イェェェェェイ!!!」(ライブだと叫びますよ)


5、夏の日、残像

サビの歌詞は「夏」です。
やっぱりこれも疾走感のあるロックチューンですよ。はい。
そして、ゴッチがよく叫ぶ曲ですね。


6、無限グライダー

これがかなり好きな人意外といますよね。
全体的におとなしめな曲なんですけど、間奏がかなり盛り上がります。
間奏のギターソロ最高です。


7、その訳を

NANANANANANANA!!!
一言で表現すればそんな感じです(ぇ
ナナナと歌うロックチューンです。
・・・・・もう、訳分かりませんね;


8、N.G.S

ナンバーガールシンドロームと読むらしいです。
ちなみにナンバーガールとは、2002年に解散しまった伝説ともいえそうなロックバンドです。
インパクトがすごい楽曲です。
自分は最初聴いて、このイントロが頭から離れなくなってしまいましたよ。


9、自閉探索

不気味そうなギター、不気味なベース、不気味そうなドラム(?)によるイントロで始まる楽曲。
このイントロの不気味さが楽曲を盛り上げてとてもインパクトがあり、かっこいいです。
そして、歌詞も暗めだけど、やはりかっこいい。
要は、名曲ですね。これは。


10、E

またもや、疾走感のあるロックチューンでございます。
このアルバムにはそんな曲が多いですねー。
そして前向きな歌詞です。
個人的に自閉探索と対になっているのかなという感じです。


11、君という花

アジカン2ndシングル
ややゆっくりめテンポから繰り出されるかっこいいロックチューン。
喜多さんが歌詞を繰り返す部分が好きですね。
まあ、これも名曲といっても過言ではないですね。


12、ノーネーム

結構ギターとかベースがシンプルだけど、ドラムがかなりがんばっています。
言うまでもなく、ドラムがかなりかっこいい曲です。
伊地知さん最強です。
そして、このアルバムは幕を閉じます。



さあ、次回はソルファだ。

| ASIAN KUNG-FU GENERATION | 17:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

感想「崩壊アンプリファー」

では、前回書いたとおり、感想をかきます。

てか、最近何か意見を書くことが趣味になりつつありますw



とりあえず、今回から感想にルールを自分ルールをつけてみました。



・絶対に3、4文で書く



それだけですw

いや、感想を書いていると随分長くなってくるので、短くまとめたいと思います。



では、始めましょうか。

今回からは、全体の感想も書いて見たいと思います。






「崩壊アンプリファー」

アジカンの一番最初のアジカンの原点とも言えそうなアルバム。
全体的にロック色が強い気がしますね。
とりあえず、アジカンのアルバムの中でもかなりの威力をもっています。
ゴッチ叫ぶ、ゴッチ声が若い、まあそんな感じですかね。


1、遥か彼方

ナルトのOPになったりと、初期のアジカンの代表曲と呼ばれてもおかしくない曲。
疾走感があって、「遥か彼方」までずっと突き進むような曲です。
そしてなんといっても、イントロのベースがかっこいい。
今思うと、ナルトのOPで流れなかったのが残念ですよ。


2、羅針盤

アジカン初期の名作。
疾走感があって、間奏のベースがかっこいい。
なんか遥か彼方と同じく気持ちいい曲です。
そういや余談だけど、今SOLでなんか「情熱の羅針盤」とかなんか騒いでますね。


3、粉雪

レミオロメンの粉雪と比べて。
・こちらはかなりロック色が強い
・あちらのほうは知っている人が多い、けどこっちは・・・・・。
・でも両方とも「粉雪」を叫ぶ


4、青の歌

爽やかなイントロ、そしてどこか切なげなメロディー。
でもなんかロック。
そんな感じのいい曲です。


5、サンデイ

個人的にネガティブと感じる歌詞が特徴的な曲です。
「無情を知るサンデイ」を繰り返しています。
てか、最近ネガティブになることがないです。
それは、受かって調子に乗っているから。


6、12

トゥエルブと読むらしいです。
何故か知りませんが、何気に「サンデイ」から繋がれています。
季節の風景が曲に出てくるので、12は一年の月の数を表していると思っています。
この季節感がいいね。

| ASIAN KUNG-FU GENERATION | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The new world

今日、様々な動画を漁っていたら、アジカンの新アルバム「ワールドワールドワールド」の最終曲である「新しい世界」のPVを発見して見ました。

~感想~




ヤバすぎる




これは本当に凄い





曲もPVも恐ろしくすごくて、終始鳥肌が立ちっぱなしでした。



曲は今までスクールオブロックで何回か聴いてきましたが、改めて全部聴くと、かなりいい曲。

もう、今までのアジカンを覆すような明るく、「新しい世界」って感じの曲。

一度聴いたら、すぐ好きになってもう頭から離れない。

何度もゴッチが脳内で「新しいせかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!!!」と叫んでいます。



そしてPVも恐ろしいほど凄かった。

フルアニメーションなんですが、その絵がアジカンのジャケットを描いている中村裕介さんのもの。



今までのCDジャケットが動きます!

アニメ版のゴッチが歌います!

恐ろしいセンスが発揮されています!




一度見て、一番好きなPVになってしまうほどの完成度です。



そういや、自分これを「ニコニコ動画」で始めて見たのですが、コメントで大絶賛されてました。

そして、ランキングの上位に食い込んでいて、この曲の人気さを物語っていました。

もう、すごいね。これは。



てか、これを見たら借りようと思っていた「ワールドワールドワールド」を買いたくなってきた。

もう、本当にこれは凄いね。

発売日(3/5)が待ちきれないね。



そして、今回もPV貼っておきました。

今回はすぐに見れる「you tube版」と、見るのには登録が必要だけど音質・画質がよい「ニコニコ動画版」の二つを用意しておきました。

このPVはアジカンを知らない人にもお勧めしたほどの完成度。

今まで見たどんなPVもこのPVには勝てない気がします。

是非、見てもらいたいものです。



そして、みんなで「ワールドワールドワールド」買おうぜ!



あ、それと、「ワールドワールドワールド」発売記念で、次回からアジカンのアルバムの感想を延々と書いていきたいと思います。

予定としては、「崩壊アンプリファー」「君繋ファイブエム」「ソルファ」「ファンクラブ」「フィードバックファイル」「ワールドワールドワールド」の順で書いていきますのでよろしくです。

もちろん、間には普通の更新も挟みますけど。

≫ Read More

| ASIAN KUNG-FU GENERATION | 16:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

What?!?!?!

現在、かなりWhatな状態です。


Wikipediaでアジカンのアフターダークを見ていたんです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF_%28ASIAN_KUNG-FU_GENERATION%29








BLEACHの主題歌だって?!



※BLEACHはMax-I-MinがDEATH NOTEの次に好きな漫画です。


流石にタイアップは無いと思っていたら突然のタイアップ情報。


BLEACHのOPは毎回かなりかっこいい出来で、かなり楽しみであったもの。

それをアジカンがやってしまうのですか。

ちなみに、過去のOPを述べてみると、


1、*~アスタリスク~ / ORANGE RANGE

2、D-tecnoLife / UVERworld

3、一輪の花 / HIGH and MIGHTY COLOR

4、TONOGHT,TONIGHT,TONIGHT / BEAT CRUSADERS

5、Rolling star / YUI

6、ALONES / Aqua Timez



てか、現在メジャーなアーティストばかりですね。

まあアジカンもだけど。


そういやBLEACHでビークルを知ったんだっけな・・・・・。


そして自分は、毎週アジカンLOCKSを聴きます。


ちなみに記憶上、アフターダーク(After dark)を訳すと「日が暮れた後」です。


以上です。

| ASIAN KUNG-FU GENERATION | 00:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。